トップページへ > 初めて一人暮らしをした時の引越し談
初めて一人暮らしをした時の引越し談

"高校卒業後に大学が県外だった為、初めての引越しを行なった体験談です。
引越し場所は山口県の宇部市から福岡県の久留米市でしたので遠いといえば遠いですが、隣の県ということと荷物が少ないといった理由で引越し業者には頼まず、家族に手伝ってもらいました。
高校卒業すぐだったので家電等は引越し先で買いましたので荷物的にはほんとに少量でした。しかし、思い出深い布団や高校の時に使っていたデスクなどは引越しで運びました。引越しの際にはトラックをレンタカーで借りましたので、かかった費用はそのレンタカー代と高速代だけです。
業者に頼むと費用が高いですが、この引越しはほとんど費用がかかっていません。
この引越しで思い出深かったことは、引越し先で自分の両親と引越しの挨拶を行なったことです。
自分は思春期で田舎人と思われるのが嫌で嫌がっていましたが、引越しで回った先は全員同じ新入生だったので、すぐに仲がよくなりそれ以来今も友達関係が続いています。
初めはおせっかいだと思っていましたが、これが一番両親に感謝したいことですし、引越しで一番思い出に残っているエピソードです。"

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 群馬県の引越し業者 . All rights reserved